心斎橋のホワイトイング、審美歯科、口臭治療なら井上歯科クリニックへ。

審美歯科

審美治療におけるセラミック治療

セラミック素材のメリット

セラミック素材 ・体にやさしい素材です。
歯も体の一部です。生体親和性のよい素材がお勧めです。
粗悪な金属やプラスティックをお口の中に何年も留めておくと、お口の中の問題だけでなく、さまざまな全身的な問題が生じることもあります。

・金属アレルギーの心配がありません。
セラミックは、耐久性と強度に優れた陶材です。
金属でないため、金属アレルギーの心配がありません。

・色調、形を調節することができます。
セラミックは、色調や形態を調節することができます。ご自身の歯の色に合わせた自然な色合いから、輝くような白色まで、また、まるみを帯びた形やシャープな形など、お好みの色、形で治療することができます。

・変色・黄ばみや、臭いの付着を起こしません。
セラミックは、レジン(プラスティック)と違って経年変化がごくわずか。
劣化による変色・黄ばみや、臭いの付着を起こしません。
また、レジン(プラスティック)では得られない、透明感のある美しい仕上がりになります。
レジンは、2年程度で、変色や黄ばみ、悪臭の付着がおこります。

・歯茎が変色しません。
金属のかぶせ物を用いた際、化学反応によって歯茎や歯が黒ずむ場合がありますが、セラミックは腐食しない材料なので、歯茎や歯を黒く変色させることはありません。

セラミックのデメリット

・保険が適用されません。
他の歯科材料に比べると高価です。
レジン(プラスティック)は保険診療で使用可能なものもありますが、
セラミックは保険外診療になります。

・かみ合わせの調節が必要な場合があります。
陶材で硬質な為、噛みあわせの調節が必要な場合もあります。
たった1本の治療でも、全体的なかみ合わせから考えた治療が必要です。

・治療技術や素材
歯科医師、歯科技工士の知識や技術によって仕上がりが異なります。
最新の審美歯科の基準に沿って治療、製作された物は高い審美性、機能性を生み出しますが、審美歯科、矯正歯科の研鑽を積んでいない医師、技工士が製作したものは、材料こそセラミックではあっても、高い審美性、耐久性を生み出せないことがあり、注意が必要です。

セラミック治療のメリット

◇お好きな歯の色、形、大きさを手に入れることが出来ます。
◇ホワイトニングと各種セラミックを組み合わせ、すべての歯を白くすることも可能です。
◇非常に優れた材料の為、自分の歯と見間違える程の仕上がりが可能。
◇ワイヤー矯正を行うことなく、短期間で歯並びを整えること、
ワイヤー矯正を短期間で仕上げ(部分矯正)、最終仕上げをセラミックで整えること(部分矯正+審美歯科)も可能です。